ファンキージャグラー「設定2」挙動と勝率とスランプグラフの特徴!

      2018/06/26

ファンキージャグラーの設定2ってどんな挙動をするんだろう?と思われる方もたくさんおられると思います。

ファンキージャグラーは、迫力ある多彩な演出で人気がある機種です。一度は高設定を打ってみたい!という方も多いのではないでしょうか(^-^

ここでは、ファンキージャグラー設定2実践データシュミレーションし大量の実践結果を紹介をしたいと思います。

これから、打つかもしれないファンキージャグラーの高設定をを逃さない為にも、避けておきたい設定2の挙動特徴をしっかりと頭に焼き付けておいて下さいね。

また、最後には、現役設定師にファンキージャグラー設定2の扱いについてのインタビューをまとめていますので、リアルなホールの声と考えを立ち回りに生かして下さい。

 

 

ファンキージャグラー設定2「ボーナス確率」

先に、ファンキージャグラーのスペックのおさらいです。

BIG(ビック)確率 / REG(レギュラー)確率 / 合算確率

BIG出現率 REG出現率 ボーナス合算確率
設定1 1/275 設定1 1/452 設定1 1/171
設定2 1/271 設定2 1/407 設定2 1/163
設定3 1/267 設定3 1/372 設定3 1/155
設定4 1/260 設定4 1/336 設定4 1/146
設定5 1/253 設定5 1/302 設定5 1/137
設定6 1/232 設定6 1/275 設定6 1/126

 

 

ファンキージャグラー設定2「機械割」

■ファンキージャグラー / 機械割

設定1 97%
設定2 98.2%
設定3 99.8%
設定4 102.0%
設定5 104.3%
設定6 109.0%

 

スポンサーリンク

 

ファンキージャグラー 設定2 / 8000ゲーム試行時の実践データとスランプグラフ

それでは、ファンキージャグラー設定2の8000G試行時の実践データをみていきましょう。

 

いかがでしょう?

ファンキージャグラーの設定2は、全体的にボーナス確率が重たい印象ですね。1万G回してもビッグが40回を超えることも少なく、一撃の破壊力も弱いと言えそうです。

ボーナスの引きが極端に弱いと1日で大火傷もありうる怖い設定と言えそうですね。


スポンサーリンク
 

ファンキージャグラー設定2のスランプグラフの特徴

続いて、ファンキージャグラー設定2スランプグラフを大量公開したいと思います。

台選びの際の参考にして下さい。

 

ファンキージャグラー設定2スランプグラフは、右片下がりのグラフが目立ちますね。逆に、きれいな右方上がりのグラフは少ないようです。序盤からキレイに右肩下がりの台は、避けた方がいいかもしれません。

 

 

ファンキージャグラーの設定2の詳細データとスランプグラフ(バージョン2)

別のシミュレーションアプリを使った設定2のボーナスとスランプデータも紹介したいと思います。

こちらのシミュレーションは設定2【1万G】回した際の結果となっております。

 

やはり、右肩上がりのグラフは少ないですね。上下に乱高下してチョイ負けになるか、緩やかな右肩下がりになるかの2択ですね。

設定2で勝利を収めるためには、ビッグ40回以上は必須です。どちらにしても、大勝はかなり稀で難しいと言えるでしょう。打たないようにすることが一番ですね。

 

 

 

ファンキージャグラー設定2の「BBとRBの出現履歴と大当たりゲーム数」

ファンキージャグラーの設定2のビッグとレギュラーってどれくらいの割合で出現するんだろう?

という疑問にお答えするためにボーナス履歴を掲載します。また、ボーナス当選ゲーム数も合わせて参考にしてください。これを見れば、だいたいどのくらいのゲーム数で当たるのか?そして、どくらいのハマリに遭遇するのかがわかると思います。

 

今回のシミュでは、1188ハマリがありました。

少ない試行の中でも深いハマリに遭遇するのは低設定の特徴と言えるかもしれませんね。低設定になると、400以上のハマリが、頻発するので、ストレスを感じる展開になりやすいと言えるでしょう。

 

 

ファンキージャグラーの設定2の実践時の小役確率

ファンキージャグラー設定2の1万G試行時の小役確率を公開します。これをみれば、1万Gでも収束しない小役確率がよくわかると思います。

ただし、設定2の小役の振れ幅は多少わかると思いますので、立ち回りの参考にしてください。

 

【ファンキージャグラー ぶどう確率 / チェリー確率 / リプレイ確率 / ピエロ確率 / ベル確率】

ぶどう確率 チェリー確率 リプレイ確率 ピエロ確率 ベル確率
設定1 1/6.33 設定1 1/36.69 1/7.30 1/1100 1/1083
設定2 1/6.31 設定2 1/35.69 (全設定共通) (全設定共通) (全設定共通)
設定3 1/6.25 設定3 1/34.69
設定4 1/6.22 設定4 1/33.69
設定5 1/6.17 設定5 1/33.69      
設定6 1/6.09 設定6 1/33.69

 

 

設定2では、ぶどう確率は「5.96~6.58」くらいのふり幅になりました。ぶどう確率は1万Gでもかなり荒れますね。

 

 

ファンキージャグラー設定2の「勝率」

【勝率算出のシュミレーション条件】

総回転数 8000ゲーム

試行回数 2000回

 

勝率 42.05 %
収支 -12578680 円
機械割 98.69%
勝ち(0円以上) 841回
負け(0円未満) 1159回
最高収支 111560円
最低収支 -113680円
平均収支 -6289.34円
BIG 59010 1/271.14
REG 39254 1/407.60
合算 98264 1/162.82

ファンキージャグラー設定2の勝率は、「42%」でした。5割を切る厳しい勝率ですが、最高収支は、5000枚となかなかの破壊力を見せてくれました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ファンキージャグラー設定2の不発台とハマり台

ファンキージャグラー設定2不発台ってどんな感じなんだろう?

という疑問にお答えしたいと思います。

 

ファンキージャグラー設定2の不発台の例

 

今回の最低収支は、-78480 円でした。ファンキージャグラーの設定2では、ビーナスが引けない展開も多く、大きくマイナスになることもあります。

ここまで、マイナスになるまで打つことは稀かもしれませんが、これくらいのダメージを受ける設定だということは理解しておいてくださいね。

今回のシュミレーション実践での最大ハマリは、1614Gでした。

ハマりについていえば、設定はあまり関係がないと言えそうです。低設定だろうが、高設定だろうが、ハマる時はハマります。

これは、ファンキーに乗り越えるしかありません。

 

 

 

ファンキージャグラー設定2を避けるコツ

ファンキージャグラー設定2は、低設定がメインのパチンコホールの中では多用されることが多い設定と言えます。特徴からボーナス確率が極端に悪い台、右片上昇が全くない台などは、低設定の可能性が高まるため、避けた方がいいでしょう。

また、ある程度、ボーナス回数がついている台を打つことで、低設定を回避できる可能性が高まります。

 

 

某ホールの現役設定師が明かす!【ファンキージャグラー設定2】の扱い

ここまでは、シュミレーションを元にファンキージャグラー設定2の挙動や勝率などについての情報提供を行ってきましたが、

ここでは、知人の現役設定師にリアルホールでのファンキージャグラー設定2の扱いについて聞いた情報を公開したいと思います。

皆が気になる、リアルホールでのファンキージャグラー設定2の扱いについて知って頂ければと思います。

 

A店:現役設定師にファンキージャグラー設定2について色々聞いてみた

Q:ファンキージャグラーの設定2をホールで使っていますか?

 

設定2は使っています。うちでは、低設定の半分は設定2を使っています。回収設定ですが、設定1よりも吸い込みが柔らかいので、使いやすいですね。オール1にすると、あからさまに抜いている感が出てしまうので、設定2の存在意義は大きいと言えます。

 

Q:ファンキージャグラーの設定2を使わない日はありますか?

ほぼ、ないですね。イベント時は、わざと入れない時もありますが、通常は入れています。

 

Q:ファンキージャグラーの設定2の稼働状況はどうですか?

展開が悪いと稼働率が落ちますが、ほどよくコンスタントに回されています。全体の稼働は良い傾向です。

 

Q:ファンキージャグラーの設定2の最高出玉を教えてください。

当ホールでは6290枚です。

 

Q:ファンキージャグラーの設定2をこれからも使いますか?

設定2は使いますね。回転率で言えば、設定1よりもいいので、1日遊んでもらうためにも、設定2の存在は大きいと思います。打ち手にとっては、打ちたくない、避けたい設定であると思いますが、

半日打てば、上か下かは、ある程度わかってくると思いますので、確率が良い台を打つようにすれば、避けられる可能性が上がると思います。

 

 

 

 

以上が、インタビューの内容です。

設定師さんによって、ファンキージャグラー設定2の使い方は様々だとは思いますが、1つ例として、明日からの立ち回りに生かして頂ければ幸いです(^-^